30代40代のための2人目不妊とセックスレスの夫婦関係改善のブログ

40代主婦で、子ども3人。2人目不妊や10年間のセックスレスに悩み、解決!20代、30代からセックスレスや2人目不妊、育児や夫との夫婦関係、不倫や浮気や離婚、お金についても相談されることが多いので、体験談を中心にブログを書いています。

おねしょはなぜ起こる?おねしょの悩み解消!原因と治療法。小児科の治療は役に立つ?

 

スポンサーリンク

 

一昔前では、

晴れた日に庭先に干された布団の模様を世界地図だの日本地図だの言ったそうです。

 

お源さん世代より下のかたは、
分からないかもですね。

 

お源さんも、
微妙に良く知りません(笑)

 

 

f:id:gen9876:20170808175808j:plain

 

昭和の頃は、
ドラマでもそういったシーンがあったようですが、

 

今では、ドラマでも住宅街でも、
おねしょの布団を干す風景は見かけなくなりました。

 

 

 


最近では「おねしょ」のことを

「夜尿症」とよばれ、

 

 

保険診療が可能な

一つの病気としてに扱われています。

 

 

 

 おねしょと夜尿症の違いって?


一般に、

睡眠時に無意識にパンツの中にしてしまう放尿が5歳以下の乳幼児の場合を「おねしょ」とよび、

 

 

 

5~6歳以降も続くようなら

「夜尿症」と

分けられているようです。

 


そんな夜尿症ですが、

小学校へ通うようになっても

続くようであれば、

 

 

 

医療機関を受診し、

治療によって治すことが

試みられています。

 

 

 

夜尿症の症状はどんな感じ?


症状は様々で、

週に数回程度の軽い方もいれば、

 

 

毎晩してしまうといった、

症例もあるようです。

うちの娘は、

こちらでした(ㆀ˘・з・˘)

 

 

 

夜尿症の子どもとの接し方


両親は育て方を心配し、

子育てに疑心暗鬼になり、

子供ともども親のストレスも、

溜まってしまいます。

 

 


しかし、

そういった本人の性格や育て方、

ましては我慢しなさいといった精神論で

解決できるものではないようです。

 

 

 


実際に、

夜尿症を抱える家族にとっては、

深刻な問題なのです。

 

 

 

本人はもちろん家族にとっても、

大きな悩みを抱き続けるものに、

なっているようです。

 

 

夜尿症の解決方法。医療機関での一般的な治療方法


家族で悩みぬいて、

医療機関で治療しようとしても、

一発の注射で簡単に治るものではありません。

 

 


治療の中心は本人になりますが、

生活改善がベースとなってきます。

 

 

そのため。

詳しい生活習慣を日記に起こし続ける必要もあります。

 

親の負担もかかってきます。

 

 

 

そして、

親が悩んでいた時にはなかなかできなかったこととして、

 

本人に対し、

焦らせないとか、

怒らないといったことが、

必要となってきます。

 

 

原則的に、

本人を受け入れてあげなければなりません。

 

 

 

 

おしっこを洩らさなかった日を誉めてあげたり、

身近な友達や兄弟と比べたりせず、

ゆっくりと見守ってあげることが、

必要となってきます。

 

 

f:id:gen9876:20170808175817j:plain

 

 

ここで症状が改善されれば、

1か月程度の治療となり、

 

 

 

同方法を

継続してゆくことになります。

 

 

しかしそれでも、

症状が続くようであれば薬物療法や、

アラーム療法といった方法へ移行します。

 

 

 

 

現代では、

治療法がある程度確立された夜尿症です。

 

 

 

 

治療に行くことは

恥ずかしいことではありません。

 

 

 

早期改善を目指し、

家族みんなを笑顔にする、

治療ともいえるのではないでしょうか。

 

 

 

お源さんから、悩めるお母さんへのメッセージ

お源さんは、
あんまり悩まなかったんですよね。

 

 

どちらかというと、

おむつ外しが早かったので、

うん、その反動かな(*'▽')

と思っていました。

 

 

 

早くにおむつを外しすぎて、
おむつごみを捨てるんと、
おむつを買うのが面倒だったので、

おむつを早めに外したのです。

 

 

さらに、

おねしょをもう何とかしたくなったのも、

おむつを替えるのも、買うのも面倒になったから(笑)

 

 

夜だけとはいえ、おむつをしてて、

そのせいで、かわいいお尻にあせもができるから、

夜中におむつ替えなんかをしてて。

それが面倒になったからで。

 

 

たまたま、
夜尿症が治りました。

 

 

お源さんは、

医療機関にかかることをとてもお勧めします。

 

 

1人で悩まない、が基本だと思うんですよね。

 

 

専門家の力を、
借りて乗り越えるといいかなと思います。

 

 

その専門家が、
あわなかったり、
お源さんのように治療が面倒くさかったら、

他の医療機関を試してみたり、

なにかいろいろやり方を試してみたり、

お源さんのやり方をマネしてみたりして、

 

 

あなたが悩まずに済む方法を、
無理がない方法を、
すこしずつ、見つけていってみてください。

 

 

消去法でね。

試してダメだったら、
他のを試せばいいじゃん?

 

 

あなた自身に無理させないようにしつつ、
少しずつ解決に向かうといいな(*'▽')って思います。

 

 

この記事の方がおすすめですよ(^_-)-☆

今読んでもいい記事だー。

あの頃の自分に読ませたいわ。

 

 

funinless.hatenablog.com

 

 

じわじわと、
子育てネタが増えてきてるな(*'▽')